白い壁とノートパソコン
[出典 https://unsplash.com]
 

村松です。

前回(こちら)は「なんで集客が必要なの?」という話から、集客における「壁」についての話を少ししました。

 

今回はまず、「そもそもホームページって何?」という部分から説明したいと思います。まあ毎度ながらコーヒー片手にゆっくりと読んでくださいね。^^

 

ホームページとは、

「インターネット上に存在するお店みたいなもの」

というイメージになります。

 

形態はいろいろで僕のような実店舗系(理容室)のホームページや、大手企業のAmazonや楽天のような、ネット通販に特化したホームページもあります。

 

ネット上にあるホームページがいいところは、実店舗と違い一度作ってしまえば、24時間365日稼働し続けてくれる所です。

 

実店舗系なら24時間お店の宣伝をしてくれるし、通販系なら24時間販売してくれます。これが実店舗だったら、「このブラック企業!」と訴えられる稼働時間ですよね。笑

 

ホームページがあった方がいいか?ない方がいいか?という質問があれば、当然答えは「あったほうがいい」です。

 

ホームページの費用対効果の凄さ

なぜあったほうがいいのか?それはすごく、費用対効果が高いからです。

 

ホームページって無料でも始めれるし、有料でもやり方によっては維持費なんて月1,000円ぐらいで済むのに対して、新規のお客さんが極端な話月1人来れば利益が出ます。

 

さらにそこからリピートしてもらえれば、当然ですけどさらに利益率は上がります。

 

もちろんこの講座であなたが勉強して、これからあなたが作るホームページはそんな程度(月1人)の集客効果ではないです。

 

僕のお店のある場所は田舎で、ホームページ作る前なんて月1~2人ぐらいしか新規のお客さんなんて来ませんでした。でもホームページ作った今では、月最低でも2桁。多い月には、月30人以上の新規のお客さんが来てくれます。

 

集客で言えば「チラシ」っていう方法もありますが、最低でも数万~数十万円というお金がかかるし、その上見込み客に届く可能性がとても低いです。

 

資金に余裕のある企業や大きいお店ならまだいいんですが、僕のような小さい個人店は毎回数十万円なんて払っていられないです。

 

チラシはお店を新規出店する時の、「導線」の一つとしてならアリかなと思います。

 

集客で少ない費用で大きな効果を出すなら、ホームページが最強です。

 

ただ、前回の話のように「ただある」だけだとあまり意味がないです。ちゃんと興味を引くホームページを作る必要があるんですね。

 

次はホームページにおける「有料無料の違い」「おすすめの有料無料ホームページ」について説明します。

おすすめな有料ホームページと無料のメリットデメリットについて