「幸せとは何か?」という部分を説明しています。

幸せって何?

 

「幸せ」という一つの概念があります。
あなたは「幸せ」って何だと思いますか?

 

というわけで今回のテーマは「幸せ」

「そもそも幸せって何?」

という部分を、あくまで僕というフィルターを通してのお話になります。

 

「その話アフィリエイトと関係あるの?」

 

と思われるかもしれませんが、無関係とも言えないんですよね。

 

なぜかと言うと、結局みんなどんな人でも「幸せ」というものを目指しているから。(100%とは言いませんが笑)

 

どんなにお金持ちな人でも、

どんなに美男美女な人でも、

どんなに地位や名誉のある人でも、

 

「幸せになりたくない」という人はいないと思います。

 

例えば、アフィリエイトで成功してお金をたくさん稼げるようになっても、それがイコール幸せとは限りません。では、そもそも幸せって何?という事です。

 

この「幸せ」というものは、それを見る人の視点によって答えが変わります。
視点については、こちらの過去記事を参考にして下さい。
視点のお話

 

では質問です。

あなたは何が手に入れば幸せですか?

  • いい車
  • いい家
  • たくさんのお金
  • 地位や名誉
  • 健康な体
  • 愛する人との結婚
  • 家族や友人の安全

他にもたくさんありますが、多くの人はこれらが手に入れば「幸せになれる!」と思っています。

 

もちろんここで注意したいのは、人の思いというのはそれぞれなので、なにが正しいとか間違っているという話ではないです。

 

例えば、さっきのリストの中からあなたが一つ何かを手に入れたとします。

「よし、これで幸せになれるぞ~!」

確かに一時期には幸せを感じるかもしれません。

 

でも、時間が経つにつれその幸福感は薄れていき、、

「やっぱりアレも手に入れないと幸せになれない、、」

と、また違う幸せという何かを求め始めます。

 

スピリチュアル的にはこれを「エゴ」と言います。

 

エゴの特徴としては「足る事を知らない」です。
もう少しわかりやすく言うと、「今に満足する事ができない」です。

 

たとえ貯金が100億あっても、

「この貯金を失うのが怖い、、」

たとえ世界一の美女でも、

「この美貌を失うのが怖い、、」

と、人から見れば羨ましい状態であっても、必ずしもその人が今に満足している(幸せ)とは限りません。

 

不幸のメリット

 

また別の視点では。

「今に満足できない」からこそ人は成長できるし、世の中的にもバージョンアップしていく事ができます。

 

例えば、オリンピック選手が「今に満足」してしまったら、あまり練習をしなくなり、いい結果を残せなくなる可能性があります。

 

スマホ一つとって見ても「今に満足」してしまったら、新商品を作らなくなります。
アフィリエイトでも「今に満足」してしまったら、そこでその人の成長は止まります。

 

そういった視点では、「今に満足できない」というのは必要な部分でもありますね。

 

この世界は二元性の世界なので、「幸せ」というものが成立するには、同時に「不幸」というものが必要です。
「辛い」がないと「甘い」がわからないと同じですね。

 

この「不幸」というものも、何をもって不幸と言えるかは断定できないですが、例えば「悩み」というものが一つの要素だとします。

 

悩みと聞くとなんだかネガティブな印象があります。
確かに「悩み」なんて、ない方が平穏な生活が送れますよね。

 

また別の視点では、悩みがあるってある意味幸せなんです。

生まれて死ぬまで一度も悩む事がない人生

ってどう思いますか?

 

悩むという事は、そこに何かしらの「障害」「壁」がある状態。

 

確かにその壁を突破するまでは苦しいですが、苦しんだ分、その壁を突破した時に感じられる感動や喜びは、その壁が無ければ得られる事はないですよね。

 

という事は、今悩みがある人はすぐその裏側には、感動や喜びという幸せがあるという事になります。

 

例えば僕自信の経験で言えば、アフィリエイトしていた商品が初めて売れてお知らせのメールが届いた時、一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、次の瞬間、

「っっしゃーー!!」

とガッツポーズをした覚えがあります。笑

 

それがアフィリエイトを始めて一ヶ月とかだったら、喜びの量は半減していたと思います。

 

当時仕事の休日を返上し、記事を書いても書いても結果が出なくて、回り道を経験したからこそその分喜びが大きくなったんだと思います。

 

不幸の裏側には、幸せが隠れています。

 

その不幸の量が大きければ大きいほど、比例して幸せも大きくなります。
そして逆もまた然りです。

 

この世の意味や価値について

 

また別の視点のお話をしましょう。
ある視点から言えば、この世の全てに意味も価値もありません。

 

「え?どういう事?」

 

さっき出た地位や名誉、お金、高級車、家、、、
これらに意味も価値もないです。

「これを手に入れたら幸せになれる!」

と、人間が勝手に意味や価値を付けています。

 

テレビCMや親や先生、友達など、いろいろな情報の中から人は、物やお金や地位や名誉に意味や価値をつけています。

 

例えば、

「素敵なマイホームがあれば家族が幸せになれる!」

という人がいます。

 

この場合、「素敵なマイホーム」と「幸せ」はまったく関係がありません。

 

素敵なマイホームを手に入れる事がモチベーションになり、仕事を頑張れるという意味ではいいですが、幸せとは関係ありません。

 

なぜなら、その素敵なマイホームを手に入れた時に、手に入れたと思っていた幸せはどこかへ消えて、また別の幸せを求める事になるからです。

 

これは、砂漠で蜃気楼の水を求めて彷徨う人に似ています。

 

幸せという絶対的な「何か」はありません。

 

なぜなら、幸せとは物事を見る観測者次第、もう少しわかりやすく言えば、

「本人が決める事」

だからです。

 

幸せのハードル

 

例えば、目の病で生まれてから一度も外の景色を見たことのない人がいます。

 

この人からすれば、

「外の景色を見ることができたら、どんなに幸せだろう、、」

と、「目が見える事」が幸せのハードルになります。

 

しかし、このブログを今読んでいるあなたや僕もそうですが、目が見える事は当たり前の事なので、その状態に対して「幸せ」だとはなかなか感じる事はできません。

 

そしてこの世の中には、生きたくても生きられない人もいます。
そういう状態の人からすれば、「ただ生きている事」が幸せのハードルになります。

 

このように、「幸せのハードル」というものは、その人の今置かれている状態、今までの人生で作られてきた価値観によって変わります。

 

よく巷の自己啓発本などで、

「あなたは今すぐに幸せになれる!」

という言葉の意味ははそういう事です。

 

「~になれば幸せ」

 

という幸せのハードルは、自分でいくらでも変更する事ができます。

 

極論ですが、「生きている事が幸せ」とハードルを最大限に下げてしまえば、人は今すぐにでも幸せになる事ができます。

 

幸せについてのまとめ

 

結局のところ、幸せとは他人が決める事ではなく自分自身が決めるもの。

 

という事になります。

 

また別の視点では、

「そもそも幸せという概念を捨ててしまえばいい」

とも言えます。

 

「幸せって何?」

 

と考えるヒマがあったら、今自分のやりたい事、やるべき事、達成したいものに向かってとにかく行動する。

 

アフィリエイトで言えば、

自分はどんな未来に行きたいのか?

仲間とどんな未来を作りたいのか?

その目標に向かって今できる事を精いっぱいやる。

 

そしてゴールではなく、その過程こそがこの世の思い出であり、人生を振り返った時にその体験が「幸せ」だったと気づくんだと思います。

 

あくまでも、僕ニョーグンというフィルターを通しての「幸せとは?」について書いてみました。

 

 

スピリチュアル的なものでは、他にこんな記事も書いています。
悟りとビジネスについて

 

 

トップページ