アドラーの心理学から学ぶ

 

今回は「アドラー心理の言葉を読んで」の後編になります。
(前編の記事→アドラー心理の言葉を読んでみた結果 前編 )

 

アドラーの心理学はとてもシンプルな教えなので、「心理学ってなんだか難しそう」という人にも理解しやすい内容だと思います。

 

その中で今回も、僕がビジネス的、アフィリエイト的にも役に立ちそうな情報をシェアしていきます。

 

失敗してもまたチャレンジすればいい

 

「失敗」というものは、おそらくみんな誰しも経験する事だと思います。

 

失敗という体験があったからこそ、「悔しい」「見返したい」など思いが生まれ、通常では出せないようなパワーを引き出す事もありますよね。

「何をもって失敗なのか?」

というように、定義付けをする事は視点によっても変わるし難しいですが、個人的にはやはり「辞めてしまう」「あきらめてしまう」事だと思います。

 

アフィリエイトでも、失敗なんてものは山ほど経験します。

「あ~やっちまった、、」

ここで大事な事は、失敗しない人なんて誰もいないという事です。

 

例えば現在、活躍しているアフィリエイターは決して能力が高かったからではなく、単純に言えばアフィリエイトを続けてきたという事です。

 

もちろん、その実践してきたもの(方法)が「質が高いもの」と仮定しての話です。

 

逆に言えばどんなにいいメンター、いい教材があったとしても、諦めてしまえばそこで終わりになります。

 

諦めなければ可能性はなくなりません

 

この事は、ヘンリーフォードのこの言葉に集約されています。

 

あなたが転んでしまったことに関心はない。

そこから立ち上がることに関心があるのだ。

 

ライフスタイルを見直す

 

あなたは今どんなライフスタイルを送っていますか?

 

そして今の自分に満足していますか?

 

ある視点から言えば、今のあなたは過去のあなたのライフスタイルから創造されています。

 

もう既に今の自分に満足しているならそのままで問題ないですが、満足していないなら今までの自分、ライフスタイルを変える必要があります。

「楽して稼ぎたい、、」

これはみんな誰しも思う事だと思います。

 

分かりやすい話だと、誰しも「ドラえもんの道具」って欲しいですよね?笑

「自分は何も努力しなくても、願い事が叶えられたら、、」

残念ながらこうしたマインドのうちは、ビジネスで成功できません。

 

成功どころか、悪質な詐欺的商材にだまされるのがオチです。

 

アフィリエイトで成果を出したい(得る)なら、当時に何かを「失う」必要があります。

 

理由は、この世の中は二元性の世界だからです。
参考記事→この世の仕組みと二元性

 

その「失うもの」の代表的なものが「時間」になります。

 

僕自身で言えば、アフィリエイトを実践する前に使っていた、ゲームやネットサーフィンなど、だらだらと過ごしていた時間です。

 

過去の自分の行動が、今の自分を創造しています。

今の自分の行動が、未来の自分を創造します。

 

一度自分のライフスタイルを見直す事も、これからの人生のためにも大切な事になります。

 

ピグマリオン効果

 

「あなたには、人そして自分を変える力がある」

 

なんて言われたら、あなたはどう感じますか?

「そんな力なんてないよ、、」

と思うかもしれませんね。
ただ、そうとも言い切れないんです。

 

例えば学校の先生に、

「この子は算数の才能がある!」

と、ある生徒の偽りの情報を与えると、一年後には本当にその生徒の学力が向上するという話があります。

 

偽りの情報を信じた先生は、その生徒をそういうフィルター(色メガネ)で見て接する事によって、結果的にその生徒はそのように(色メガネ通りに)なっていくという話です。

 

簡単に言えば、「思い込みの力」

 

この事を教育心理学の言葉で、「ピグマリオン効果」と言います。

 

このピグマリオン効果の注意点は、この世的にポジティブ、ネガティブどちらにも効果があるという事です。

 

ですので、なるべくなら上の話のような「いい方向」に使いたいですよね。

 

そしてこれは人に対して効果があるのと同時に、自分に対しても効果があります。

 

例えば、アフィリエイトでも「ブログ記事を書く事」が苦手という人がいます。
結論から言えば、それはただの思い込みです。

 

どんな事でもそうですが、初めはみんな初心者です。

「自分に価値のあるブログ記事なんて書けない、、」

という場合、書ける書けないという事ではなく、「まず書いてみる」という事が必要です。

 

ヘタクソでも、内容が薄くても、価値がなくてもとにかくまず書いてみる。

 

そして、書いてみて満足できないなら、「なにがよくないのか?」という次のハードルが見えてくるので、それに対して実践していく。

 

そのトライ&エラーを繰り返していく事で、自然と上達していきます。

 

僕なんて今でも覚えていますが、人生で初めて書いたブログ記事はたった三行でした。

「どうも初めまして~。初めてブログなるものを書いてみます。」

みたいな出だしだったと思います。笑

 

話が少し脱線しましたが、どうせ思い込むなら、いい方向に思い込んだほうが人生において得です。

 

人にも自分にもいいフィルター(色メガネ)通していけば、人生はよりいいものになっていきます。

 

特別な事はしなくていい

 

アドラーの心理学では、「特別な事はしなくていい」と提唱しています。

 

これは逆に言えば、

当たり前の事を愚直に実践していく

という事になります。

  • 人に感謝の言葉を伝える
  • 人にちゃんと挨拶する
  • 人に嘘はつかない
  • 優しい人になる

まだまだ他にもありますが、これらはなにも特別な事でなくて、小学生の道徳の時間に出てくるような当たり前の事ばかりです。

 

ただ、知っているのと実践しているかでは大きく違いますよね。

 

この事はアフィリエイトにも共通する事で、さっき説明したような「ドラえもんの道具」のようなものはありません。

「クリックするだけで稼げます!」

「これで初月から確実に100万円稼げます!」

というような、いわゆる「魔法」のような方法、ツールは存在しません。

 

仮にあったとしても、それはビジネス的な視点で見れば短期的なものに過ぎないでしょう。

 

逆に言えば、「本質」を学べば誰に奪われる事もない、一生もののあなただけのスキルになります。

 

そして本質で大事なのは、特別な事ではなく地道な事を積み重ねていくという事です。

 

 

アドラー心理学後編のまとめ

 

という事で今回は、

  • 失敗してもまたチャレンジすればいい
  • ピグマリオン効果
  • 特別な事はしなくていい

の3つのポイントを説明しました。

 

いずれもアドラーの心理学に共通する事は、「王道」という部分です。

 

これは僕自身もこのブログで一貫して伝えている「本質」という部分と重なる所があるので、とても共感が持てるなと思いました。

 

今回紹介した「アドラー心理の言葉」という本は、他にもまだまだ勉強になる情報がたくさん書いてあるので、またよければあなたの近くの本屋さんで探してみてください。

 

 

追伸

 

本を購入しても僕には一円も入りませんが、、笑

 

 

【参考 ぱる出版 アドラー心理の言葉】

 

他に本に関する記事では、「お金とマインド」についても書いています。
金持ち父さん貧乏父さん

 

 

【当ブログコンテンツ一覧】