アフィリエイトでおすすめするドメインの話です。

そもそもドメインって何?

 

アフィリエイトを無料ブログではなく、WordPress(有料ブログ)で運営していく場合、最低限必要になるのが「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」です。

 

今回はまず、「そもそもドメインって何?」という話と、「おすすめドメイン」そして「ドメイン取得時に気をつける事」について説明していきます。

 

まず「そもそもドメインって何?」という疑問。

 

以前、不動産に例えると「レンタルサーバーはインターネット上の土地」だと言いました。
なのでドメインは不動産に例えると、

 

インターネット上の「住所」という事になります。

 

例えば大手通販サイト「Amazon」に注文する時にも、住所がないと注文できないのといっしょで、あなたがネット上に家(サイト)を建てる時も、この住所(ドメイン)が必要になります。

 

そもそもネット上にドメインがなかったら、訪問者はアクセスのしようがないですからね。笑

 

ドメインについてのうんちく話

 

無料ブログの場合は集合住宅のようなイメージなので、「fc2.com」「jugem.com」などそれぞれ会社の名前が入ってますね。

 

独自ドメインの場合は、完全に「あなただけのドメインを作る」ということ。

 

いい意味でも悪い意味でも完全に「0」からのスタートになります。
検索エンジンからすれば「実績0」。もっと言えば「誰こいつ?」状態です。笑

 

これと逆の意味を持つのが「オールドドメイン」。

 

オールドドメインは名前の通り、過去に誰かが使っていたドメイン。
これはいい意味でも悪い意味でも「過去のデータ」が引き継がれているドメインです。

 

検索エンジンからは「ああ、キミね。」と実績はある分SEO的には強いですが、過去にペナルティを受けている事があった場合、悪いデータも引き継がれるので一概にいいとも言えません。

 

このようなメリットデメリットも踏まえて、ドメインというものはそれ自体も「売買」されています。

 

特に物販サイトなどは、ガチンコのSEO対決の部分もあるので、このオールドドメインをお金を払っても欲しがる人もいます。ようは、それ以上にサイトに利益が出ればいいわけですからね。

 

ドメインの違いとは?

 

そしてドメインはレンタルサーバーの話と違って、新規で取得する場合はいわゆる「スペック(性能)」のようなものはないので、極端な話どこでドメインを買っても同じです。

 

何が違うのかというと、ドメインを扱う会社によって「価格に多少差がある」という部分。

 

僕がおすすめするというか、実際に買っているドメイン会社は「ムームードメイン」と、エックスサーバーの提供しているエックスドメインです。

 

ムームードメインは価格が少し安いかなというイメージ。サーバーがロリポップを使っている場合は提携しているので設定が簡単にできます。

 

エックスサーバーのドメインはムームードメインに比べると価格がやや高めですが、エックスサーバーを使っている場合に設定が楽です。ただこの設定も特に難しいわけではないし一度やってしまえば済む事なので、あまり気にしなくてもいい部分かなと僕は思います。

 

あとこのブログもそうですが、「.com」「.net」などの比較的メジャーなドメインを使うことが無難です。

 

ここでケチってあまり極端に安いドメインを買うのは、イメージ的に安心度や信頼度の点で損する可能性があるので個人的にはあまりおすすめしません。

 

では順番にそれぞれの登録方法、注意点を説明していきます。

 

ムームードメインの登録方法

ムームードメインの設定方法を説明しています。

 

ではムームードメインの登録方法を説明します。




ムームードメイン

赤枠の「新規登録」をクリック。

 

 

登録するメールアドレスがそのまま「ID」になります。
あとは順番に必要事項を入力すれば登録、ドメイン購入ができるようになります。

 

 

ちなみに「価格」ですが、赤枠の部分が「登録1年目の価格」になります。
キャンペーン期間中などで安く買える場合がけっこうありますね。

 

ドメイン使用料の注意点とは?

 

ここで気をつけておくポイントは、「2年目以降の価格は違う」という事。
「お!安いからこれにしよ~!」と安易に決めて購入するとあとで後悔します。(過去の僕。笑)

 

なので「2年目以降のドメイン価格」も確認しておく必要があります。

 

 

赤枠の「取得」にカーソルをもってくると、赤い矢印の「価格一覧表」が出てくるのでクリック。

 

 

左側がドメインを取得する1年目の価格。赤枠の「更新」の部分が2年目以降の価格になります。

 

この価格は「1年間」のドメイン使用料です。
参考にしてみてください。

 

エックスドメインの登録方法

エックスドメインの登録方法を説明しています。

 

エックスサーバーを使用している人は、「エックスドメイン」を購入する選択肢もあります。
まず「インフォパネル」にログインし、赤枠の「追加のお申し込み」をクリック。

 

 

赤枠の「同意する」をクリック。

 

 

赤枠の「新規取得」をクリックし、必要事項を入力すればドメインを購入できます。

 

先ほども説明しましたが、エックスサーバーのドメインはムームーに比べると価格が少し高めです。ただ、ドメイン設定する場合に簡単にできるというのがメリット。

 

独自ドメインの「WHOIS公開情報」について注意点

 

 

「WHOIS情報」とは赤線の部分を読んでもらえばわかるように、自分の情報を公開しないでドメイン会社に代理公開してもらうという事です。これはありがたい機能ですよね。(画像はムームードメインです。)

 

 

ドメインを購入する場合にこうした画面になります。
通常なにもいじっていなければ「弊社の情報を代理公開する」になっているので、この状態のままでOKです。

 

独自ドメインの設定方法

 

独自ドメインは購入すれば「はいオッケー!」というものではなくて、インターネット上に反映させるために「設定」する必要があります。

 

当ブログでは「エックスサーバー」をおすすめしているので、ここではエックスサーバーでのドメイン設定方法を説明します。

 

まずエックスサーバー側のドメイン設定は→こちら

 

エックスドメインを購入した場合はこれで設定終わりなんですが、ムームードメインで購入した場合は、「ドメイン側」の設定もする必要があります。

ムームードメイン側のネームサーバー設定は→こちら

 

上のリンクから説明を読んでもらえばわかるように、「ネームサーバー」という名前が出てきます。

 

「ネームサーバーって何?」という人もいると思うので、エックスサーバーのどこにあるかを説明します。

 

 

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、赤枠の「サーバー情報」をクリック。

 

 

赤枠の部分が「ネームサーバー」になるので、これをコピペなどでムームードメイン側に入力します。

 

これで設定は完了ですが、あとの詳しい事などは先ほどの公式サイトを読めばわかると思います。

 

ドメインについてまとめ

 

一気に説明されると難しく感じるかもしれませんが、プラモデルと同じで一つ一つ順番にやっていけば大丈夫ですよ。あなたのブログタイトルにあったドメイン名で作りましょう。

 

次はWordPressのインストール方法を説明します。
WordPressを簡単にインストールする方法

 

 

トップページ