白い壁と白いノートパソコン

そもそもWordPress(ワードプレス)とは?

 

WordPress(ワードプレス)でブログを運営していく場合に必要な「レンタルサーバー」「独自ドメイン」の用意ができたら、いよいよWordPressを立ち上げることができます。

 

ただ、その前に「そもそもWordPressって何?」という人もいると思うので、その辺りを簡単に説明します。

 

WordPressとは、ブログ構築用のオープンソースをレンタルサーバーに導入して運営するブログ(サイト)の事。

 

もう少し簡単に言えば、「WordPressとはインターネット上のあなただけの家(城)」です。

 

  • レンタルサーバーはインターネット上の「土地」。
  • 独自ドメインはインターネット上の「住所」。
  • WordPressはインターネット上の「家(城)」。

 

という全体図になります。

 

リアルだと家を建てるのに、「建築関係トントントン~♪」と最低でも数ヶ月はかかりますが、ネット上の家は建てるのに(インストール)数分でできます。便利な世の中ですよね。

 

では次に具体的な「家の建て方」(インストール方法)を説明します。

 

WordPress簡単インストール方法

 

このブログでは「エックスサーバー」を推奨しているので、ここではエックスサーバーからWordPressをインストールする方法を説明します。

 

 

まずエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

 

 

赤枠のエックスサーバーに登録したWordPress用の独自ドメインを選択。
そして赤い矢印の「自動インストール」をクリック。

 

 

赤い矢印の「プログラムのインストール」を選択。
WordPress日本語版の「インストール設定」をクリック。

 

 

ここでこれから作るWordPress(ブログ)の「サイト名」「ユーザー名」「パスワード」など、必要事項を入力します。まだサイト名が決まってない場合は、あとで変更できるのでとりあえず仮名でも大丈夫です。

 

入力ができたら赤枠の「インストール」をクリック。

 

 

念のためこの画面をスクリーンショットして保存しておくといいでしょう。
赤枠の「インストール」をクリック。

 

 

インストールが完了したので、赤い矢印をクリックしてWordPressの管理画面にログインします。

 

このような画面になります。赤枠の「ログイン」をクリック。

 

 

このようにWordPressのインストールが完了しました。

 

ブログのSSL化について

 

WordPressの立ち上げは完成しましたが、この段階でブログ(サイト)のドメインを「SSL化」させておく事をおすすめします。もちろん無料でできます。

 

その前にそもそも「SSL化って何?」という人もいると思うので、簡単に説明しますね。

 

SSL化というのは、簡単にいえば「ブログ(サイト)の通信を暗号化させて安全性を高める」という事になります。

 

金融関係のウェブサイトを見てもらえばわかりますが、必ずと言っていいぐらいにこのSSL化されています。

 

 

このように「びっくりマーク」「http」と表示されているサイトはSSL化されてません。

 

 

逆にこのように「鍵マーク」「https」と表示されているサイトはSSL化されています。

 

通信が暗号化されるということは、サイト内での訪問者の行動を保護してCookie(履歴)を含めた情報を守るということになります。暗号化するとにより第三者が不正にデータを盗む事を防ぐ事ができます。

 

これによってサイトにどんなメリットがあるのかと言うと、「サイトの信頼度が上がる」という事。誰に対して信頼度が上がるのかというと、「訪問者」と「検索エンジン側」に対してです。

 

これはものすごく雑に分類すると、

  • 「http=危険」
  • 「https=安全」

というイメージになります。

 

これに関しては多少大げさに感じるかもしれませんが、大手検索エンジンの「Google」も→公式サイトで発表しています。

 

もちろん今現在でも「http」で上位表示されているサイトはたくさんありますので、「SEO的には関係ない!」という意見も当然あります。

 

それに関しても僕は否定はしませんが「これから先」の展開はわからないので、Googleが推奨している以上は素直にSSL化しておいた方が無難ですし、僕は表示されるのが「びっくりマーク」より「鍵マーク」の方が気分的にいいのでそうしています。

 

あとはサイト主であるあなたの考え方次第なので、どうしても面倒臭いと感じるならこのSSL化は無視してもらっても構いません。ブログ運営自体はSSL化しなくても問題ありませんからね。

 

ただ、今回のようにWordPressを新規で立ち上げて、サイトをSSL化させる事は簡単でデメリットもないのですが、僕自身もそうでしたがある程度サイト運営してきて「途中からSSL化させる場合」、多少面倒臭いというかデメリットもあります。

 

その辺りのメリットデメリットは→こちらサイトの方で詳しく説明されていますので参考にしてみてください。

 

そして途中からサイトSSL化のデメリットを踏まえても、「今からサイトをSSL化させたい!」という場合、→こちらのサイトで詳しくやり方が説明されていますので参考にしてください。

 

他にも「WordPress SSL化」などのキーワードで検索すれば、いろいろなサイトが丁寧に説明していますので、自分の合うやり方を探してみてください。

 

では次に、新規にWordPressを立ち上げた場合のサイトをSSL化させるやり方を説明します。

 

SSL化させる方法

 

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、赤い矢印の「SSL設定」をクリック。

 

 

赤枠の「独自SSL設定を追加する」をクリック。

 

 

これでサーバー側の設定ができたので、今度はWordPress側の設定をします。
赤い矢印のとおり、この段階ではまだSSL化前の「ビックリマーク」です。

 

 

WordPressの「設定」から「一般設定」を選択。
赤い矢印の「WordPressアドレス」「サイトアドレス」の「http」を「https」に変更し設定を保存します。

 

 

するとこのように「鍵マーク」「https」にサイト表示が変わりました。
これでサイトの「SSL化設定」ができました。

 

WordPressを簡単にインストールする方法まとめ

 

今回は、

  • WordPressとは?
  • WordPressのインストールやり方
  • サイトのSSL化について
  • SSL化のやり方

について説明しました。

 

「ではさっそくブログ記事を書こう!」と言いたいところですが、実はまだまだやることがあります。
これは料理でも同じ事なんですが「下ごしらえ」って料理の完成度を上げるためにも大事ですよね。

 

それと同じように、WordPressインストール後に最低限やっておくべき事を次回から順番に説明していきます。

WordPressでおすすめの無料テーマ(テンプレート)

 

 

トップページ