ノートパソコン2台。

ホームページ集客における導線の重要性とは?

 

努力が効果をあらわすまでには

 

時間がかかる

 

多くの人はそれまでに

 

飽き、迷い、挫折する。

 

ヘンリー・フォード

 

 

今回はホームページ集客における「導線」についての説明になります。

 

「あなた独自の軸」もできた。

「ホームページの作り方」も覚えた。

 

でもまだ何か足りない。
ヒントは「砂漠の中にポツンとお店」

 

今まで講座を踏まえてあなたはホームページを作りました。

 

新しくできたドメインもピカピカの一年生。
それは例えて言うと、

 

「砂漠の中にポツンとお店」です。

 

作ったばかりのホームページは最初とくに一年目はめちゃくちゃ弱いです。
なんならクソです。(下品な言葉ですみません笑)

 

ここで言う「弱い」はとても「検索されにくい」という意味。

 

いくらキーワードを意識して作っても「はいじゃあキミ明日から1ページ目な!」と、インターネットはそんなに甘い世界じゃないです。

 

1年目は検索エンジンから見れば、実績も信用もありません。

 

逆に言えば、何年か使っているドメインはそれなりに信用ができます。
ホームページが育つ(検索されやすくなる)までには、時間がかかるのは事実。

 

ただ、せっかく集客するためのホームページを作ったのに、何年も待ってるわけにはいきませんよね。
ではどうすればいいのか?

 

「砂漠の中にポツンとお店」

 

砂漠の中にポツンとお店があっても、そのお店が例え見込み客にとっていいお店であっても、そもそも知られていなければ見つけられません。じゃあ砂漠の中にあるそのお店までのを作ればいいんです。

 

この道の事を「導線」といいます。

 

人が既にたくさん集まって いる街からお店への道を作ります。
この人が既にたくさん集まっている街が「集客サイト」になります。

 

集客サイトとは?

 

「集客サイトって何?」

 

と思ってる人もいるかもしれないので、説明より見てもらったほうが早いです。
あなたの住んでいる「地域名」+「業種」でネット検索してみてください。

 

その検索で、だいたい1ページ目に出てくるサイトが集客サイトになります。

 

この1ページ目というのがネット上でいう一等地になります。
ようするにとても見られやすい場所という事。

 

リアルな土地の一等地は、金額が高いのでとてもじゃないですけど買えません。
でもネット上での一等地なら、やり方次第で手に入る可能性が出てきます。

 

そのやり方がこの講座であり軸作りという事になります。

 

最終的にはあなたのホームページもこの一等地になる事が目標です。
まあ、地域よってはなかなか難しい場合もありますけど。。^^;

 

当然やらないよりはやったほうがいいし、目標は当然大きいほうがいいです。

 

ニョーグンおすすめの集客サイトとは?

 

では話を集客サイトにもどしまして。

 

あなたの「地域名」+「業種」で検索した1ページ目の集客サイトはどんなサイトですか?
飲食店なら「食べログ」とか、ホットペッパー系も強いかもしれませんね。

 

過去の僕もそうでしたが、資金があまり余裕がない場合は「無料」でも登録できるサイトを活用しましょう。
僕が今現在もお世話になっている集客サイトは、「エキテン」というサイトです。

 



無料店舗会員に登録!【エキテン】

 

エキテンはヘアサロン、飲食店、ネイルサロン、マッサージ、メガネ、他にもいろいろな業種を幅広く紹介している集客サイト。

 

エキテンはもちろん無料で登録出来るんですが、無料なのにコンテンツが濃いです。
集客サイトはリスクという言葉を使うなら、やらない事がリスクとも言えます。

 

ホームページを作る前でも、先にこういった集客サイトに登録する事も十分アリでしょう。
ここでもあなたが作った軸が有効になってきます。

 

サイト紹介文にあなたの軸を書いて写真を貼る。
これだけで、すぐにあなたのお店にお客さんが来る可能性が十分にでてきます。

 

なぜなら集客サイトには、お店を探している人のアクセスが既に集まっているので即効性があります。
ホームページ制作の予行演習としてもいいです。

 

そして集客サイトに、あなたのお店のホームページへのリンクを貼っておきます。
このリンクがあなたのお店へ繋がるネット上での道になります。

 

既に人が集まっている街から道を作って、あなたのお店へ人を集める。
アクセスが集まれば当然ホームページがドンドン育ちます。

 

砂漠にポツンとだったお店に、街からの道が開通して人が来れるようになりました。

 

集客サイトの攻略法とは?

 

今度は集客サイトの中を見て、あなたの地域+業種の1ページ目を見てみてください。
もし、ただ名前が載ってるだけなどほとんどだれも登録していないならチャンスです。

 

それは「ブルーオーシャン状態」なので、無料会員でもお得な状態。
逆に1ページ目が登録店でいっぱいで激戦区なら、有料会員で攻めるという手もあります。

 

これは過去に実際僕もやりましたが、(僕のお店は田舎なので激戦区ではなかったんですけど笑)エキテンなら「月5,000円」で有料会員になれます。

 

これエキテンだからこの金額で済みますが、有名どころのホットペッパーなんかだとかなりの金額します。
資金に余裕があるならそれも選択肢の一つですが。

 

有料会員になれば強制的に1ページ目になれます。
そのおかげで新規顧客がくるので、月5,000円くらい余裕でペイできます。

 

ペイどころか、かなり費用対効果があります。
僕の場合、ホームページの弱い1年目だけ有料会員でやりました。
しかもお店のお金は使えないので全額自腹で。泣

 

一年契約で初期費用も合わせると計7万円ぐらい使いましたが、それ以上にお客さんも来て給料も増えたので、いい投資だったと今は思っています。

 

これはもちろん僕の例なので、あなたの予算に合わせて活用してみてください。
集客サイトは最低でも1つは使ったほうがよくて、できれば2つは使って欲しいところです。

 

集客サイトでのポイントとは?

 

ここでのポイントは、集客サイトに載せるお店の紹介文はなるべくそのサイト用に書いてください。

 

めんどくさいと言ってコピペして使うと、集客サイト側に嫌われて掲載順位を落とされる可能性がなきにしもあらず。だいたいの内容は同じいいので、すこし表現や言い回しを変えて書くといいと思います。

 

この集客サイトに載せる紹介文を書くときに、この講座で作った軸が役立ちます。

「なにを書けばいいんだろう?」

なんて悩むことはもうないでしょう。
逆に早く書きたくてウズウズしませんか?

 

ただ覚えておいて欲しい事は、この集客サイトはあくまでも導線の一つという事。
いやらしい言い方をすれば、利用させてもらうという感じです。

 

主従関係で言えばホームページが主で、集客サイトは従。
集客サイトはあくまでも借家なので、サイト主に最終的な権限があります。

 

という事は、前にも書いたように無料系ホームページにしても同じで、無料だったのに来月から有料にすると、突然サイト主に言われても文句が言えません。

 

どこまでいつまても借家ですからね。
導入が楽な分、同時にそういうリスクも含まれてます。

 

資産と呼べるかと言えば少し弱いです。
もちろん「ない」よりはマシですけどね。

 

無料系に関してはあなたの予算もあると思うので、自由に選択してください。

 

ホームページ集客における導線についてのまとめ

 

  1. 軸作り
  2. ホームページの作り方
  3. 集客サイトの活用

 

これであなたには、ホームページ集客の「三種の神器」が揃いました。
よほどネットの仕組みに変革がなければ、ほぼ普遍的なやり方だと思います。

 

なぜなら、いつの時代も「相手は人」だからです。

 

あとはあなたが実践するか、しないか。
ただそれだけです。

 

そしてこの「ホームページ集客講座」はこれにて終了になります。
こういった講座ものはダラダラやっても仕方ないですからね。^^

 

最初にお伝えした通り、今の僕なりに持ってるものを全て出すつもりで書きました。

 

ホームページは一生あなたのお店の資産になるものなので時間がかかってもいいですから、これからしっかり構築していきましょう。

 

最後に僕がおすすめする「有料ホームページ」を紹介します。
有料ホームページでおすすめする「2つ」

 

トップページ