パソコンとオフィス。

アフィリエイトの種類

 

「アフィリエイトってどんな種類があるの?」

 

アフィリエイトと一言で言っても、
いろいろな種類があります。

 

アドセンスアフィリエイト、ppcアフィリエイト、
Twitterアフィリエイト、Facebookアフィリエイト、
YouTubeアフィリエイト、せどり、
などなど言い出せばキリがないほどのジャンルが存在します。

 

今回はその中でも一部の「種類」と、
アフィリエイトにおける「メリットデメリット」
について説明していきます。

 

物販系アフィリエイト

 

まずアフィリエイトの中でも多いのは物販アフィリエイトです。

 

大手のAmazonや楽天などが代表的ですよね。
物販系はあなたが紹介した商品が売れれば報酬が発生します。

 

ただ、その報酬額が数パーセントなので、
例えば1,000円の物が売れても
数十円~ぐらいにしかなりません。

 

そして商品の入れ替えも早いので、
常に市場をリサーチをして記事を更新し続けないといけません。

 

もちろん人それぞれ好き嫌いがあるので、
そういう物販系が楽しい人ならそれでいいと思います。

 

僕としては物販系のアフィリエイトは
労働収入と変わらないイメージです。

 

作業量に対しての収入が割に合わないかなという印象。

 

あとペースを落とさずに、
この先もずーっと作業し続けるというのは
精神的にもキツイと思います。

 

アドセンスアフィリエイト

 

アドセンスとは広告型のアフィリエイトで
一番有名どころはグーグルアドセンス、
他にも調べればいろいろあります。

 

このアドセンスの特徴は、
広告を自分で選ばなくていい」ところです。

 

自分のブログにアドセンス広告を貼っておけば、
あとは自動で見ているユーザーの属性に合わせ広告表示してくれます。

 

物販系と違い「クリックされるだけ」で報酬が出るので難易度が低く、
アフィリエイト初心者にはやりやすい手法になります。

 

ただ難易度が低い分、報酬額も低く
1クリックあたり広告にもよりますけど数十円程度です。

 

広告表示は自動なのでターゲット層を絞るという事はやらなくていいです。
そこも初心者がやりやすい理由の一つでもありますね。

 

その分集客が重要になってくるんですが、
とにかくブログ記事の量産してアクセスを集める事が求められます。

 

そしてだいたいの場合、あまりの収入の少なさに
ブログが育つ前に挫折する人が多いのも確かです。

 

あと作業が単調で飽きるという原因もあるかもしれません。

 

特にトレンド系の記事は、
将来的な視点で見ると資産にはならないです。

 

情報商材アフィリエイト

 

あなたが今読んでいるこのブログが、
情報商材アフィリエイトのブログです。

 

そもそも情報商材とは?

 

情報商材とは読んだ通り「情報」が商品となります。

 

主にPDFのようなファイル形式で、
電子書籍のような形式が多いです。

 

そして他にも、動画コンテンツ、
音声コンテンツ、ツールなど種類は様々。

 

情報商材と聞くとなんだか特別なものに聞こえますがそんなことはなくて、
例えばあなたが「英会話」を習いたくて通信講座に申し込み、
英会話のCDが届いたらそのCDが情報商材になります。

 

ネットビジネスではインターネット上で情報を商品として、
販売する側は「アップロード」。
購入する側は「ダウンロード」してビジネスが行われます。

 

そしてこのブログのような情報商材アフィリエイトの場合は主に、
「ネットでお金を稼ぐ仕組み」それに関する「ツール」
などを商品として扱います。

 

さっきまでの物販系、アドセンス系とは説明が逆になります。
情報商材アフィリエイトの最大の特徴は「報酬額が高い」です

 

例えば情報商材が一つ売れると、
商品にもよりますが1万円程の商品もざらにあります。

 

逆説的ですが月100万円以上稼いでいるアフィリエイターのほとんどは、
この情報商材アフィリエイトをやっている事になります。

 

そしてメルマガアフィリエイトを組み合わせることで、
収益を自動化していきます。

 

「完全な自由」はありませんが経済的、
精神的にもっとも近いアフィリエイト手法といえます。
(その分先ほど説明した手法に比べて難易度は高めです。)

 

この世界に人間とお金がある以上、
ネットでお金を稼ぐというのは普遍的な事だと思います。

 

時代は変わっていきますが、
人間のもつ「悩み」というのは
昔も今もこれからもまた不変な事です。

 

アフィリエイトのメリットデメリット

 

では次に、アフィリエイトのメリットデメリット
の説明をしていきたいと思います。

 

この世界は2元性なのでコインにも裏表があるように、
アフィリエイトにもいい面、悪い面があります。

 

まずはデメリットの方いってみましょう。

 

アフィリエイトのデメリット

 

「いつでも辞められる。」

 

これはメリットとも取れそうな事ですけど。
簡単に始められる分、いつでも自分次第で辞められます。

 

ポルノグラフィーの歌詞じゃないですけど、

「旅人は答えた~終わりはない~終わらせることはできるけど~♪」

的な感じです。笑

 

成果が出てくるまで時間がかかるので、
それまでにリタイヤしてしまう人が多いです。
あと一人で黙々と作業するのでどうしても孤独になりがちです。

 

昔ほどはなくなってきたようですけど、
アフィリエイトというもの自体まだ理解されない場合もあるので、
どうしてもこっそりとになってしまいがちですね。

 

「月に5,000円以上稼げるアフィリエイターは全体の5%。」

 

というデータがありますが、
僕が思うのは途中で辞めてしまう人が多いんだと思います。
ですので孤独になったらいつでもこのブログに遊びに来てくださいね。

 

アフィリエイトのメリット

 

まず最初のメリットは、リスクが少ない事

 

リアルビジネスだと僕のような個人店舗の場合、
始めるには最低でも数百万はかかります。

 

アフィリエイトだと無料ブログで始める場合なら、
実質的にノーリスクで始められます。

 

有料でも月に数百円~数千円で始められるので、
ビジネスとしては参入しやすいですよね。

 

「時間や場所の制限がない。」

 

アフィリエイターは自分がルールになるので
基本どこで作業してもいいし、
何時に作業しても誰に怒られる事もありません。

 

この辺がアフィリエイターがよく
「自由」という言葉を使う由縁でもあります。

 

そして本業以上に収入が増えると、
仕事を辞めて旅行先でパソコン片手にカタカタ
なんて生活を送っている人もいます。

 

まあ基本的にパソコンとネット環境があれば、
仕事ができるわけなので当然といえば当然ですね。^^

 

「不労所得」

 

これがアフィリエイトの最大のメリットとも言えるかもしれません。

 

とは言っても厳密には「不労」ではなくて、
最初に「仕組み」を作る作業は必要になります。
ただこれもアフィリエイトのジャンルにもよります。

 

その人のやっているアフィリエイトのジャンルが、
短期的なものか長期的なものなのかで違ってきます。

 

トレンドアフィリのようなジャンルなら、
アクセスは集めやすいんですが短期的な収入にしかなりません。

 

例えば有名な芸能人が結婚して、
それを記事にすればその時はアクセスが集まりますが、
3年後にその記事を見たい人(需要)がどれだけいるの?
って話です。

 

逆に言えば普遍的なテーマでそれを仕組みで自動化すれば、
その媒体は不労所得という資産になります。

 

これが労働収入とは大きく違うところです。
労働収入は寝ている間に収入は増えないですから。

 

アフィリエイトの種類とメリットデメリットのまとめ

 

以上が簡単ではありますが、
アフィリエイトの種類とメリットデメリット
の説明になります。

 

もっと細かく言えば「ビジネスマインドの勉強にもなる」
とかありますが今回は長くなるので
このくらいでやめておきますね。^^;

 

僕は思うんですが人は常に「選択」して生きています。
何かをやる事もやらない事も全部。

 

その選択が正しい間違ってるは、
ある視点から言えば「ない」です。

 

ただその人がこれからの人生で、

 

「どうなりたいのか?」

 

という「想い」次第だと思います。
今までの過去は関係ありません。

 

あなたがアフィリエイトをやる事もやらない事も「自由」です。
だいたい人から強制されるもんでもないですからね。

 

あとはあなたの「想い」次第です。

 

 

次の記事は「アフィリエイトにおける成果までの時間」
についてお話します。
アフィリエイトは農業?

 

トップページ