ブログメルマガアフィリエイトについて説明しています。

アフィリエイト初心者講座4 ブログメルマガアフィリエイトとは?

 

今回はアフィリエイトにおける「ブログメルマガアフィリエイト(DRM)」について書いていきます。
このブログメルマガアフィリエイトは手法としては王道で、いろんなアフィリエイターさんが実践しています。

 

言葉で説明すると、

「集客」→「教育」→「販売」

と簡単に言うとこんな感じになります。

 

「集客とはブログで~キーワードで~」

こういう説明って、他のアフィリエイターさんが散々やっている事なんで今さらつまらないですよね。

 

ですので僕はあえて「例え話」にして、アフィリエイト初心者の方にもイメージしやすいように説明してみたいと思います。

 

集客のブログ

 

ではまず集客の部分。

 

DRMで集客の部分はブログになります。
このブログが「商業ビル」。

 

この商業ビルの中では、当然ですけど様々な商品を販売しています。
アフィリエイトでいえば物販だったり、情報商材だったりします。

 

商業ビルにもいろいろなジャンルがあって、
例えばアパレルで言えば、

「メンズファッション館」

「ギャル系ファッション館」

などそれぞれ客層があります。

 

この客層がビジネスで言うところの属性

 

属性って言うとなんか難しく感じるかもしれないですが、野球で言えば巨人ファンや阪神ファンなど、簡単に言えば好きなものや興味があるものになります。

 

そしてそれぞれの商業ビルに看板がかかっていて、それを見た通行人が興味を持てばそのビルに入ってきてくれます。この「ビルに入る数」がいわゆるアクセス数。

 

つまりビルの外観や看板に書いてあるコンセプトの部分が、ブログの外観やブログタイトルになり集客の部分になります。

 

なのでこの入口であるブログを作る時に、

「どんな人を集客したいのか?」

「どんな商品を扱って、なぜその商品なのか?」

「どんな理念でブログをやっているのか?」

という事をビルを建てる前に、全て決めておく必要があります。

 

理由はそれをやっておかないと販売する商品もブレてしまい、ブログ運営も行き当たりばったりになります。

 

そして行き当たりばったりになると見ている読者さんも、

「で?結局何がやりたい(売りたい)の?」

と共感が得られなくなります。

 

教育とは?

 

では次に教育の部分。

 

この教育は、ビルの中にいる販売員になります。
お店の中に商品があって、それを説明して販売する人です。

 

この部分がアフィリエイトで言う、コピーライティング
コピーライティングについてはこちらを参考にしてください。

 

コピーライティングとは、 簡単に言えば文章の事ですね。
販売員の接客態度や言葉遣いの「いい悪い」が文章の質になります。

 

あと個性も関係してきて、

「あの店員さん接客態度はいいんだけど、なんかマジメすぎてつまんない!」

「あの店員さんとても感じがいいしまた来たい!」

というように、ここでの接客態度(文章の質)がまた来店してもらえるのか、もう二度と来てくれなるのかに分かれてきます。

 

とはいえ、別に無理に媚びる必要はなくて「相性」が合う合わないという感じですね。
相性が合えば共感してもらえたり、いずれはファンになる可能性が出てきます。

 

ここで大事な事は、お客さんは商品に対してファンになったわけではなく、販売員さんのファンになったという事。

 

商品に対してだけのファンなら同じ商品は他にもあるわけですから、リピートしてもらえなくなる可能性があります。そしてこの教育の部分も少しずつ変化していて多様化しています。

 

昔はゴリゴリに機能面を強調した教育が多かったんです。

「この商品の使い方は~で特徴は~」

というように方法論を通じての教育が主流だったんですが、今はそういった情報は飽和してきました。

 

理由はみんな同じような事をやっているので、調べれば大抵どんな情報も出てくる時代になりました。ということは、さっきの話にあったように「商品はどこも同じ」なので、買うのはどこでもよくなってしまいます。

 

ですので最近ではこの教育の部分が、機能性を強調する人と娯楽性を強調する人と多様化してきています。
この娯楽性というのは、もちろん機能面も混ぜつつもお客さんを楽しませるという意識でやっている人です。

 

「楽しませる」という要素が入るので、難易度は多少上がるかもしれませんけどね。^^;

 

これも人それぞれに好みがあるので、一概にどちらが正しいというのはないです。どちらにも需要はあるし、ただ多様化していくんだと思います。

 

販売とは?

 

では最後に販売

 

この販売はアフィリエイトでは、メルマガやステップメールになります。
これらはよく攻めのアフィリエイトと呼ばれ、逆に最初の集客のブログは、待ちのアフィリエイトと呼ばれます。

 

今回の商業ビルで言えば、さっきの販売員がお客さんの家まで訪問販売に行くような事。
見ず知らずの人が突然、自分の家に訪問販売に来てもだいたい断りますよね。

 

でもここでの訪問販売員さんは、自分もお店に行っているしようは、顔なじみのような関係です。

 

アニメの「サザエさん」でも、顔なじみの三河屋のサブちゃんが勧める醤油は、サザエさんも安心して買えますよね。なぜかと言うとわかりやすく言えば、そこに信頼があるから。

 

逆に言えばとにかく、

「買って買って~!」

と言ってくる販売員って、当然売れないしウザイだけですよね。
なのでこの訪問販売は、お互いの信頼関係が大切になってきます。

 

煽って煽ってただ「売れればいい」というやり方をしてしまうと、一時的には儲かるかもしれないですけど、長い目でみたら信頼がなくなるのでダメです。

 

この攻めのメルマガと待ちのブログは、おたがいの弱点を補い合えるので相性がとてもいいです。
ということは、どちらもしっかりと構築して組み合わせれば、まさに最強の媒体に進化します。

 

アフィリエイト初心者講座4のまとめ

 

以上で簡単ではありますが、ブログメルマガ(DRM)と商業ビルの説明になります。

 

ビル自体(ブログ)のコンセプト、販売員さんの(文章)の質、それらをどう構築していくかのアイディアなど、言葉にするとなんだか難しく聞こえますけど、今はだいたいの全体像がわかればそれでオッケー。

 

学生の頃の部活でも、入部していきなり試合で活躍できないのと同じで、一つ一つ順番にやっていけば大丈夫です。

 

あなたが諦めなければ可能性はなくなりません。
簡単ではないですけど、コツコツと地道に積み上げていきましょう。

 

次の記事はこちらです。
アフィリエイト初心者講座 其の五 「稼ぐ」と「稼ぎ続ける」の違い

 

 

【当ブログコンテンツ一覧】