稼ぐ事とは?

 

前回の記事はこちらです。
アフィリエイト初心者講座 其の四 ブログDRMと商業ビル

 

今回はアフィリエイトにおける、「稼ぐと稼ぎ続けるの違い」について書いてみたいと思います。

 

突然ですが、あなたはこのコピー(文章)を見てどう思いますか?

 

「ネット初心者でも簡単に初月から50万円稼げる禁断のノウハウを遂に公開!」

 

「お?マジで?簡単に稼げるノウハウ?」

と、もし思ったらあなたはまだ仕掛けられる側の視点です。

「ネット初心者でも簡単に」

「初月から50万円」

「禁断のノウハウ」

こういったキーワードを使うという事は、このコピーを書いた人はどういう層をターゲットにしているのか?
こういう思考でこのコピーを見れる人は、仕掛ける側の視点です。

 

さすがにこんな詐欺的なコピーの情報商材は、今どきないと思いますけど。^^;(ないと思いたい、、笑)

 

ただこのコピーを見て、あからさまには否定できません。
なぜかというと、この稼ぐという言葉はあながち間違っていないんです。

「ネット初心者でも簡単に」

というノウハウが仮にあったとします。
最初の頃はそのノウハウで確かに稼げます。

 

でも「ネット初心者でも簡単に」という事は、そのノウハウはすぐに飽和します。

 

理由は、「誰でも簡単にできる」からです。
食品で言えば、賞味期限短めです。笑

 

最初の頃は確かに稼げても、稼ぎ続ける事はできません。
さっきのコピーにも、稼ぎ続けるとは書いてないですよね。

 

一時的に稼ぐノウハウを手に入れても、それが飽和すればまた、別のノウハウを探すことになります。

 

簡単という言葉は一見「良い」と感じますけど、その分リスクもあるという事です。
この世は二元性の世界ですからね。

 

「初月から50万円」という言葉も、相当無理があると思いますけど。
絶対に無理とも言い切れないと思います。

 

尋常じゃない作業量を確保できて、その人の能力が既に高くノウハウがしっかりしているなら。
まあでも初月なんて、初心者からすればインプットだけでも精一杯だと思いますけど。

 

「禁断のノウハウ」の部分はもうツッコむ必要もないでしょう。

「禁断なのに公開するんかい!」

あ、ふつうにツッコんじゃった。笑
軽めの中二病です。

 

アフィリエイトで「稼ぐだけ」を考えるなら、そんなに難しい事ではないです。
ただ僕がこのブログで伝えたいのは、「稼ぎ続ける」アフィリエイトです。

 

だから僕はこのブログで簡単という言葉は、なるべく使わないように気をつけています。
(もし使っていたらすいません笑)

 

稼ぎ続けるアフィリエイトとは?

 

では次に、稼ぎ続けるアフィリエイトとは何でしょうか。

 

極論、どのジャンルでも作業し続ける事ができれば、ある程度稼ぎ続けれると思います。

 

でも自分がおじいちゃんおばあちゃんになっても、若い時と同じ作業量をやり続けるってけっこうキツイですよね。

 

例えば、トレンドアフィリやアドセンスアフィリは成果が出やすく、初心者でも稼ぐ事ができます。
でも、稼ぎ続けるとなると作業し続けるというリスクが出てきます。

 

ただ、僕はトレンドやアドセンスを完全否定するわけでもないです。
理由は、メリットデメリットを活かせる部分もあるからです。

 

一つは、成果が出やすいメリットを活かして、初心者の稼ぐきっかけになるアフィリエイト手法だという事。
ブログを更新するという作業も量もいい経験になります。

 

あともう一つは、専業のアフィリエイターさんなら、第二、第三のキャッシュポイントとしてありかなと思います。

 

まあこれは一通りメインのブログを構築し終わっていて、余力がある人になりますけどね。
(僕はなるべく作業したくないのでやりませんが。笑)

 

稼ぎ続けるのに大事なことは。

  • テーマが普遍的である事。
  • 自動化させる仕組みを作る事。
  • 人に喜ばれる事。

テーマが普遍的というのは、いつも言うように人間と「悩み」です。

 

人間っていう生き物は、今も昔も潜在的な意識は変わりません。
つまり悩みも変わりません。

「もっと幸せになりたい!」

「もっとお金持ちになりたい!」

「もっと美しくなりたい!」

こうしたテーマは人間が存在している間はなくならないでしょう。

 

自動化させる仕組み

 

結局のところ、1時間作業してなんぼ?では労働収入と変わらないですよね。

 

人が一日に作業できる時間なんてたかが知れてます。
僕のやっている理容業だって、一人やっていくらの世界です。

 

いくら頑張って早く作業してもたかが知れてるし、だいたいそんなハイペースで一日中仕事してても体がもちません。

 

アフィリエイトも自動化できるところは自動化して、仕組みに働かせてしまうのが一番いいです。
最初は多少大変かもしれないですが、後のリターンの事を考えれば、やらない事がリスクとも言えます。

 

人に喜ばれる事

 

これはアフィリエイトに限らず、商売全般に言えることです。

 

僕はこういう考え方が好きで、昔はよく小林正観さんや斎藤一人さんの本を読んでました。
どの商売でも共通しているのは「相手は人」だということです。

 

間接的にそうじゃない場合もありますけど、まわりまわって人に関わってきます。

 

前にも言いましたが、一時的に稼ぐために詐欺的な商品を売っても、まわりまわって結局一番「損」するのは本人です。

 

その損とは目に見えるもの、目に見えないものも含めて全部。
ですので稼ぎ続けるには、その逆をやればいいんですね。

 

相手とって得するような事をする。

 

もちろん簡単なことではないですけど、簡単じゃないからこそ価値があるんだと思います。

 

稼ぐマインドのまとめ

 

稼ぐと稼ぎ続けるの違い。

 

これはどちらが絶対的に正しいということはないです。
どちらを選択するのもあなたの自由ですから。

 

 

 

次の記事はこちらです。
アフィリエイト初心者講座最終章 自己投資の重要性