観覧車から見える景色

 

今回は少し休憩というか、最近の僕の日常的な事も書いてみたいと思います。

 

僕の自己紹介を見てもらえばわかるんですが、
ニョーグンの自己紹介

 

僕は既婚者で一児(女の子)のオトン(父親)です。
普段僕は仕事上月曜、火曜休みなんです。

 

この前、子供の学校公開日っていうのがあって、僕と子供の休みが合ったので、遊園地ほど大きな施設ではないですけど、そんな感じの所に奥さんと3人で遊びに行ってきました。

 

そこはアスレチックスみたいな遊具がたくさんあって、長いすべり台やターザンロープしたり、子供もまあ楽しそうに遊んでました。

 

ひと通り遊んで、その施設ではメイン的?な存在の観覧車に乗った時の話です。

 

最近の観覧車事情

 

まず最初に少し驚いたのは、最近の観覧車ってめっちゃ涼しいんですね。笑
というかクーラー効きすぎて寒いぐらいでした。

 

太古の昔、僕の若かった頃なんて夏に観覧車なんていったら、クソ暑くて「え?やだなにこれ拷問?」と思ったし、逆に言えば、ドMのお客様に対しての「逆にサービス的なやつ?」と思ってました。

 

「夏の観覧車なんて頂上地点でキスできる事しか存在価値がねぇ!」

 

と純情な感情しかなかったです。。
、、、話を戻しまして。笑

 

観覧車に乗って景色がドンドン高くなっていきます。
ちなみに僕は観覧車ってあんまり好きではないです。

 

理由は余計な事を考えてしまうから。

「あ~あ今これ金具が外れて、落ちたら確実に死ぬな、、」

とか。笑

 

景色がドンドン高くなると、いろんなものが見えてきます。
その施設の周りの景色が360度見えました。

 

そしてその施設のすぐ横に大きな池があったんですね。
その大きな池を見て無意識に僕はこう思ったんです。

 

「あの池使えるな」

 

(ここからは僕の頭の中の思考です。)

「あの何も使われてない池にまずスワンボートを設置して、アトラクションの一つにする。

 

それをきっかけにイベントも開催して、スワンボートタイムレースみたいな(もちろん安全性は重要)事をやり、上位何名かには豪華賞品をあげる。

 

この商品は子供向け(ゲーム機)

母親向け(ダイソン掃除機など)

父親向け(ビール券など)属性を考えて、、

 

あとタイムを 競う事でより子供やお父さんが夢中になるし、豪華賞品をつける事でお母さんも夢中にさせれる。

 

そして豪華賞品を話題にして SNSによる情報拡散を狙えば、その施設の認知度が上がり集客効果 を狙えるかも、、

 

あとはそれをホームページで伝えるコピーを考えて、ユーチューブで面白い宣伝動画を作ればリンクさせて相乗効果も狙えるし、、 」

 

というような「あの池を使ってこの施設をもっと繁盛させる事」を、僕は子供と嫁が乗っている観覧車の中で考えてました。

 

ビジネスマインドのメリットデメリット

 

この話も視点によって「いい、悪い」が 違ってきます。
ビジネスマインドという視点ではいいと思います。

 

現状この施設が集客に困っているのか、経営順調なのかそれはわかりません。
でもそれは別にどうでもよくて経営者としては、

「もっとこうしたらどうだろう?」

「もっと来てくれた人に喜んでもらうには?」

という視点でいろんなものを見る、考えるのは大事な事だと思います。

 

また別の視点では、なかなか休みの合わない家族とましてやすぐに大きくなってしまう子供との貴重な時間に、ビジネスのことを考えているのはオトンとしてはどうなの?という事です。

「もっと目の前の家族との時間を大切にしなさい」

というありがたい天の声がなんだか聞こえてきそうです。笑

 

ただそのあと、少しは反省したのかしないのか、僕は娘とゴーカートに6回乗りました。

 

ビジネスマインドを一切捨てた僕は悟り(?)を開き、目の前の今に集中し、ゴーカートでひたすらアウトインアウトの精神で攻めました。

「俺は風になる、、」

、、、そして前の子供がカーブで引っかかり、強制ストップさせられるというオチ。。

 

観覧車の話のまとめ

 

ビジネスマインドというのは確かに大事です。
そして大切な人との時間も大事です。

 

この世は天秤と同じでバランスが大事なんだと、改めて感じた休日でした。^^

 

 

【当ブログコンテンツ一覧】