ビジネスと二元性のお話

 

「二元性」の話って当たり前のようでけっこう奥が深いお話だと思います。

 

この世に存在するという事はどういう事なのか?

それとビジネスってどんな関係があるの?

今回はそんなお話になります。

 

 

おスピな話の中でも、僕がこのブログでもよく使う言葉、「二元性」について書いてみたいと思います。

 

一見こういうお話って、ネットビジネスやアフィリエイトとは無関係と思うかもしれませんが、以外とそうでもありません。

 

なぜなら、ある視点から見ればすべては繋がっているからです。

「え?すべて繋がっている?」

もちろんこういう話は、完全に証明できません。
でも「そうではない」という反対意見も、完全に証明できないんですよね。笑

 

一つ言えることは、ただ否定するのではなく、

「ふ~ん。そういう話もあるんだね~。」

と、広い視点を持つこともビジネスにおいて必要な事だと僕は思います。

 

二元性の仕組み

 

「二元性」とは、二つあって成立するものや概念です。
わかりやすく言えば、

 

  • コインの裏と表
  • イケメンとブサイク
  • お金持ちにと貧乏
  • 高いと低い
  • 光と影
  • 幸せと不幸
  • 生と死

 

他にもたくさんありますが、このようにどちらか片側だけでは成り立たない関係性です。

 

「影が」あるという事は必ずどこかに「光」があります。

 

もし世界中の男性が全てイケメンになったら、ブサイクという概念は無くなります。
イケメンばかりなので比較するものがなく、「そもそもイケメンって何?」という事になります。

 

もし世の中の人がみんなお金持ちだったら、みんな同じなので自分がお金持ちかどうかもわかりません。

 

もし世の中の人が全て完璧に幸せだとしたら比較するものがないので、それはもう幸せなのかもわかりません。
幸せという概念自体がなくなります。

 

そして私たちの存在そのものも、「二元性」と言えます。

 

存在しているものはすべて「二元性の世界の住人」という事になります。

 

例えば宇宙人や、(いるいないの議論はここでは割愛します。)肉体を持っていない存在、いわゆる「神様」という存在もみんな二元性の世界の住人という事になります。

 

「存在」してますからね。

 

そしてこの二元性の世界の住人に共通する事があります。
なんだと思いますか?

 

それは大なり小なりはありますが、みんな究極的には、

「思い通りにならない」

という事です。

 

「え?神様でも思い通りじゃないの?」

 

はい。例えば、人類を救おうとしている神様がいるとします。
その神様はなぜ「人類を救おう」とするんでしょうか?

 

神様の救う理由や思いにはいろいろあると考えられます。
ここで重要な事は、現時点で神様が完全に「思い通り」なら、そもそも人類を救う必要すらもないという事です。

 

救うという思いが出るという事は、それを「問題」と捉えている証拠になります。
という事は神様にも問題があるという事になります。

 

存在している時点で、みんな大なり小なり問題を抱えています。

 

非二元とは?

 

そして、さっきまでの二元と反対の言葉に「非二元」というものがあります。
この言葉は日常生活ではまず使われる事はないでしょう。笑

 

理由は私たちの住んでいるこの二元の世界では、非二元は全く役に立たない概念だからです。

 

これについては反対意見がある方もいると思いますが、僕はそういう考えに至りました。

 

この非二元については調べてもらえばわかると思いますが、スピリチュアルというジャンルの中でも、主に「悟り系」で出てくる言葉になります。

 

そして過去の偉人で言えば、釈迦(仏陀)やキリストという方々の言葉の中にも出てきます。
では、この非二元とはなんでしょうか?

 

簡単に言えば文字通り、二元の「反対」という事になります。

 

ここでよく勘違いされる事は死後の世界は非二元ではないです。
死後でも(あるないの議論はここでは割愛します)霊体として存在している時点で、二元の世界という事になります。

 

さっきの話で二元の世界には、大なり小なり問題があると言いました。
という事は非二元の世界は、「問題がない」という事になります。

 

というか、非二元では存在そのものがない状態です。
存在自体がないので「思い」もなく、問題という概念もなくなります。

 

  • 「楽しい」もないし、「苦しい」もない
  • 「安全」もないし、「危険」もない
  • 「幸せ」もないし、「不幸」もない
  • 「生」もないし、「死」もない

 

この非二元は別の言葉で表現すると、「全て」とも言えるし「虚無」とも言えます。
映画「ルーシー」での主人公の最後の状態の事ですね。

 

宗教的にはこの非二元を、

 

  • 仏教では「空(くう)」
  • キリスト教では「愛」

 

という言葉で表現しています。

 

有名な話では今から2500年以上前に、仏教を創ったといわれている釈迦(仏陀)が菩提樹の前で、

「全ては一つ」

と悟りを開いたとも言われています。

 

最初に僕が「全ては繋がっている」と言ったのは、この話に繋げるためです。

 

このお話はいろんな視点から解説できますが、ある視点から言えば非二元は自分とは関係ないどこか別の世界の事と思うかもしれません。

 

でもそうではなく、みんな今この瞬間もこの「全て」という事になります。

 

また別視点では、

「自分という「個」が存在していると錯覚している」

「この世界が存在し自分(個)があると思い込んでいる」

という、

 

「あなた、頭大丈夫?」

 

と心配されそうなお話になってきます。笑
まあこの辺の話はかなりディープだし、家族に精神科を勧められてもアレなのでこの辺にしておきます。

 

ビジネスと二元性について

 

では、最後にビジネスと二元性について書いてお話を締めたいと思います。
ビジネスやアフィリエイトでも、

「稼ぐ、稼げない」

「成功する、成功できない」

という二元性があります。

 

ビジネスのどんなジャンルにおいても、全員が全員成功する事はできません。

 

さっき説明にもあったように、この世界では「成功する」が成立するするには「成功できない」がセットになっているからです。

 

世の中全員が成功者だったら、もはやそれは成功なのかもわからないという事になります。

 

アフィリエイトでも、

「一日数回クリックするだけで、確実に月10万円以上稼げます!キリッ」

というようなうたい文句をたまに見かけますが、「確実に稼げる」というものはこの世界にはありません。

 

百歩譲ってそんなものがあったとしても、それは短期的なものですぐに稼げなくなります。

 

また別視点から見れば、

「一日数回クリックするだけで」

「確実に稼げます」

というコピー(文章)を使っているという事は、仕掛ける側の人間がどんな層をターゲットにしているのか?
という事もわかりますね。

 

まだ情報商材を事をよく知らないウブな層、ネットビジネス初心者をターゲットにしたコピーという事がわかります。

 

この二元性の世界では、絶対というものは存在しません。
「絶対に稼げる」も「絶対に稼げない」どちらもありません。

 

「え?でも死ぬことは絶対だよね?」

 

さっきも説明したように生、死という概念も視点を変えると意味が変わってきます。

 

ある視点から言えば、生きていること自体が幻想(思い込み)とも言えるし、

時間というのは幻想

場所(空間)というのは幻想

とも言えます。

 

こういうお話を悟り系では、

「はじまりもおわりもない」

「私たちはどこにも行ってないしどこにも辿り着かない」

と表現しています。

 

わかりやすく言えば、宇宙が誕生するビッグバンの起こる前の状態です。

 

ただこれは仮に真実だとしても、所詮「ある視点」のお話ですので、この二元性の世界で存在している以上はなんの意味もありません。

 

そしてまたこの手のお話をしていると、強めのおクスリを勧めらるといけないので話を戻しますね。笑

 

ビジネスと二元性についてのまとめ

 

二元性のこの世界で絶対というものが無いのなら、ビジネスやアフィリエイトにおいても、

「絶対稼げない」

「絶対成功できない」

という事は無いと言えます。

 

私たちが存在しているという事は、目の前には常に可能性が広がっています。

 

そしてどんな人にも平等に時間頭(マインド)があります。
この二つを限られた人生の中でどう使うかは、それぞれの自由ですよね。

 

人間って本当にすごい可能性を持っています。
この可能性をどう引き出すのかも、やはり本人次第という事です。

 

 

他にもこんなスピリチュアル的な記事を書いています。
アフィリエイトと視点

 

 

【当ブログコンテンツ一覧】