コピーライティングの基礎について説明しています。

コピーライティング基礎における3つのポイントとは?

 

前回で→アフィリエイトとコピーライティング

「そもそもコピーライティングって何?」という部分を説明しました。

 

ですので今回は、

「コピーライティングが大事なのはわかったけど、具体的にはどう書けばいいの?」

という部分を説明していきたいと思います。

 

まず、ブログにしろメルマガにしろどんな媒体であろうと、文章を「読んでもらう事」が大事です。
読んでもえなければ「pv数、滞在時間」にも影響するので、検索エンジン側の評価も下がります。

 

当然、評価が悪ければ質の悪いサイトと判断されて検索順位は下がり、ターゲットの読者に訪問されにくくなります。せっかく一生懸命ブログを書いているのに、そんなの誰だってイヤですよね。

 

ただの趣味ブログで、

「別に誰にも見られなくてもいいよ。」

と自分の思っている事を、ただ書く事が目的のブログならそれでいいですが、少なくともこれを読んでいるあなたはそうじゃないですよね。

 

ですのでビジネスを目的として文章を書くなら、抑えておくべき3つのポイントがあります。

 

ほどよく行間を空ける

 

読者が読みやすいようにほどよく行間を空ける。
これはコピーライティングというより、その前段階の基礎中の基礎になります。

 

ではなぜ「ほどよく行間」をあける必要があるのか?
それは超単純にそのほうが読者が読みやすいから。
これは説明するより、実際に感じてもらいましょう。

 

まずこの文章を見てください。

 

今回はコピーライティングについて書いてみたいと思います。ブログ、メルマガにしろ、他にもツイッター、フェイスブックなど、どの媒体でもアフィリエイトをやっていく上で欠かせないものは文字(言葉)です。逆に言えば文字を使わずにブログを書くって無理ですよね。理容師で言えば、ハサミを使わずに髪をカットするようなもんです。笑ただの趣味でブログを書く分には、別にコピーライティングなんて気にしなくていいです。でもあくまで「ビジネス」として文章を書くとなると、そういうワケにはいきませんよね。そういう視点では、このコピーライティングはすごく大事なスキルです。

 

これは前回の記事の一文ですが、どうですか?

 

ぱっと見、あなたはどう感じましたか?

「うわっ、、」

って思いませんでしたか?

 

その「うわっ」がいわゆる不快感(ストレス)というもの。こんな文章がブログ記事全部だったら、まずそのサイトから逃げたくなります。(よほどのドMの人でない限りは)

 

では次に、同じ文章をほどよく行間を空けてみます。

 

今回はコピーライティングについて書いてみたいと思います。

 

ブログ、メルマガにしろ、他にもツイッター、フェイスブックなど、どの媒体でもアフィリエイトをやっていく上で欠かせないものは文字(言葉)です。

 

逆に言えば文字を使わずにブログを書くって無理ですよね。
理容師で言えば、ハサミを使わずに髪をカットするようなもんです。笑

 

ただの趣味でブログを書く分には、別にコピーライティングなんて気にしなくていいです。
でもあくまでビジネスとして文章を書くとなると、そういうワケにはいきませんよね。

 

そういう視点では、このコピーライティングはすごく大事なスキルです。

 

 

このようにまったく同じ文章、文字数でも行間一つでこれだけ読み手に対するストレスが変わってきます。

 

そしてこの行間にもリズムというものがあり、ただ単に均一に行間を空けるよりも、文章的に盛り上がっている部分、話の切り替わり部分、少し間を空けたい場合など強弱をつけると、より読者を文章に引き込みやすくなります。

 

歌でも同じですよね。
イントロとサビではリズムが違うように、コピーにもリズムがあります。

 

このリズムに関しては「これが正解」というものはないので、書く人のセンスにも影響します。
ただそういう事を意識して書けば、確実にコピーライティングスキルは上達していきます。

 

わかりやすい文章で書く

 

よくコピーライティングでは、「小学生でもわかる文章で書く」と言われています。
難しい漢字や、その道の専門の人にしかわからないような用語を使うと読者はどうなるか?

 

ストレスになる。

 

自分はわかっていても、読者が自分と同じように理解できるとは限りません。

 

例えば、

「今日買い物に行ったら、太陽の光が燦燦と降り注いで気持ちよかった!」

という文章でこの「燦燦と」の部分は、「たくさん」や「いっぱい」にしたほうが読者は読みやすいです。

 

この「燦燦」という漢字を理解している人はいいですが、理解してない読者は一瞬「ん?」となる可能性があります。

 

前後の文章を読めばだいたい言葉の予想はつきますが、この「ん?」という一瞬がストレスの原因になります。わかっていてわざわざ読者にストレスを与える必要はないですよね。

 

次に専門用語はできる限り使わないほうがいいです。
理由は、単純に読者がわかりにくいから。

 

例えば僕は本業で理容師という仕事をしていますが、理容師にしかわからないような言葉を使うと、

「アフィリエイトで記事を見直すという事は、カットで言えば、レザーで髪の表面をテーパリングする作業に似ています。」

ふつうに読者からすれば、

「テーパーなんて?」

という事(ストレス)になります。

 

「テーパリング」という言葉は、他の業種でも使われていますよね。
いずれにしても、一部の人にしかわからないような言葉は読者にとってはストレスにしかなりません。

 

読者がストレスを感じれば、当然そのブログから離れていきます。

 

ですのでどうしても専門用語を使う場合は、必ずすぐ後にその言葉の意味を補足するなどの気配りが必要。
どんな人が読んでも理解できるようなコピーを意識して書く。

 

そして難しい内容でも読者にできるだけわかりやすい文章に変換する。
伝えていくという事が大切です。

 

イメージしやすい文章で書く

 

次はイメージしやすい文章で書く
この「イメージしやすい」とはどんな事だと思いますか?

 

それは人間の5感に関係してきます。

 

人間の5感とは?

  • 視覚(見る)
  • 嗅覚(匂い)
  • 味覚(食べる)
  • 触覚(触る)
  • 聴覚(聞く)

人が文章を読んでいく時、無意識にこの5感の過去のデータを呼び起こして読んでいます。

 

ではそれはどういう事なのか?
このコピーを読んでみてください。

 

「あなたの目の前には、とてもツヤがあり、美味しそうなカレーライスがある。

さまざまな野菜、濃厚な肉のエキスが溶けこんだルーからは、芳醇なスパイスの香りが漂ってくる。」

 

この例文では、視覚、嗅覚を意識したコピーになっています。

 

そして野菜、肉、スパイスの香りという言葉は、「~産の野菜、お肉」と、とくに断定していないので、読み手側の過去のデータからそれぞれイメージする野菜、肉、スパイスの香りが無意識に出てきます。

 

これは歌でも同じような事が言えて、一つの歌からそれぞれ聞く側にとっての過去のストーリーが存在するのと似ていますよね。

 

コピーを書く時にこの5感を意識すると、文章に厚みや説得力が増します。
文章に説得力があれば、読者をあなたの世界(ブログ)に引き込みやすくなり、よりブログを読んでもらえるように(信頼関係の構築)なります。

 

もう一つ例文を書いてみましょう。

 

「メンチカツ」を紹介する記事があったとして、一つ目。

「美味しそうなメンチカツを食べました。」

 

次に二つ目。

「こんがりキツネ色に揚がったメンチカツ。

箸で割ってみたら「サクッ!」と衣からすでに美味しい音がしました。

中からは透明な肉汁が溢れ出し、食べてみるとタマネギの甘みと濃厚な肉汁が絡み合い、絶品なメンチカツでした。」

 

一つ目はとくにイメージしにくい普通のコピー。
二つ目では視覚、聴覚、味覚を意識したコピー。

 

同じメンチカツを紹介するというコピーですが、どちらが読んでいる読者にとって、よりイメージしやすいのか?という部分が重要です。

 

やはりこれもどう書けば、より読者に「イメージしやすいかな?」と意識して書く事、そしてそれを積み重ねるという事が、コピーライティング上達への近道だと思います。

 

コピーライティング基礎における3つポイントのまとめ

 

今回の話ではコピーライティングにおける基礎的な部分、

  1. ほどよく行間をあける。
  2. わかりやすい文章で書く。
  3. イメージしやすい文章で書く。

という3つのポイントを説明しました。

 

そして次回は、もう少しコピーライティングについて踏み込んだ内容を伝えていきます。

 

次はこちらです。
ワンパーソンの法則

 

 

トップページ