コピーライティングの重要性について説明しています。

そびえ立つ3つの壁とは?

 

今回はビジネスにおける「3つの壁」について説明していきます。

 

前半部分はコピーライティングというより、どちらかというとマーケティング的な話になりますが、いずれにしてもビジネスにおいて大切な部分になります。

 

この3つの壁は人間の心理に基づく事なので、ネットビジネス、アフィリエイト、ホームページ集客など相手が「人」である以上は全てに共通する考え方で、普遍的な内容です。

 

ビジネスというのは、物にしろ情報にしろ商品が売れなければ成り立ちません。
人が商品を買うまでには、さっき説明した「3つの壁」があります。

 

その3つの壁とは、

  • 興味(関心)の壁
  • 信用(共感)の壁
  • 行動の壁

順番に説明していきます。

 

興味の壁とは?

 

アフィリエイトで言えば、まずブログ自体を「知って」もらわなければ始まりません。
その部分が「ブログタイトル」や、ブログの「記事タイトル」になります。

 

  • どんな人に自分のブログを知って欲しいのか?
  • どんな人に興味や関心を持ってもらいたいのか?

 

現に今、このブログを読んでいるあなたは、「コピーライティング」「ネットビジネス」「アフィリエイト」「副収入」「副業」「不労所得」のいずれかに興味や関心があると思います。

 

まず知ってもらう、興味や関心を持ってもらう事が第一の壁になります。

 

信用の壁とは?

 

いざブログを知ってもらえても、そのブログの記事の中身がつまらなかったり、共感してもらえなかったらそこで終了します。

 

逆にあなたの記事を読んで共感したり、価値を感じてもらえれば、そこに「信頼」が生まれます。

 

信用は共感から生まれる

 

そして共感は、記事を読んでもらえるという理解から生まれます。
このブログを「読んでもらう」という事が、とても重要な部分になります。

 

読者に共感してもらう、理解してもらうという事が第二の壁です。

 

行動の壁とは?

 

ここまでしっかりと信頼関係が構築されていれば、後はあなたが紹介し、そっと背中を押してあげれば商品は自然に売れていきます。

 

もちろん方法としては、いわゆる「煽る」ようなやり方もありますが、僕自身そういう雰囲気が好きではないのでやりません。

 

短期的なビジネスを考えているなら別ですが、長期的にビジネスを考えるなら「売る事」を考えるのではなく、とにかく信頼関係を築いていく事が大事です。

 

ですのでこの第三の壁はあまり意識せず、とにかく第一、第二の段階を一生懸命やっていれば、後は勝手に行動してくれます。以上が大まかですが3つの壁の説明になります。

 

共感を得る4つのポイント

 

さっきの説明で、「信頼は共感から生まれる」と言いました。

 

ではこの「共感」を得るには、

「具体的に何を書けばいいの?」

という疑問が聞こえてきそうなので説明します。

 

ブログで記事を書いていく上で、共感を得るには大きく4つのポイントがあります。

  1. 何回も説明する
  2. 情報を多く与える
  3. 理由を書く
  4. 自信を感じさせる文章

順番に説明していきます。

 

何回も説明する

 

特別記憶力の高い人は別ですが、人間って一回聞いたぐらいでは物事を覚えていません。

 

例えばいい本や、教材なども一回読んだぐらいでは、「へ~そうなんだ~!」となるぐらいで、この感心してる段階ではまだ自分のものにはなってません。

 

自分の中に「当たり前のレベル」にまで染み込ませるには、何度も読み込む必要があります。

 

スポーツでも同じですよね。
何度も何度も繰り返し練習する事で、やっと「自分のものレベル」になる。

 

アフィリエイトを教える場合でも、一度説明するだけではなくいろいろ視点を変えながら何度も説明する事で、より読者に理解してもらえる事ができます。

 

あまりやりすぎるとウザくなってしまいますが、そう感じさせないように「例え話」を使ったり工夫が必要です。

 

情報を多く与える

 

さっきの「何度も説明する」に近いですが、いろいろな例え話や有名な人の名言などの情報も加えて説明すると、より話に説得力が増して理解してもらいやすくなります。

 

このブログで言えばこの記事のように、
金持ち父さん貧乏父さん

 

「金持ち父さん」の言葉を加えつつ、お金に対するマインドを説明すればより話に説得力が増します。

 

多くの情報を読者に与えるには、当然その情報をまず自分で仕入れないといけないので、本を買ったり教材を買ったり投資をする必要があります。

 

僕自身もこうした記事を書くのにあたりもちろん投資しています。
あなたのブログに訪れてくれた読者には、出し惜しみせずどんどん情報という価値を与えていきましょう。

 

もちろんこのブログを読んでくれているあなたには、これからも価値を提供していきますので、別に何も買わなくていいのでこれからも遊びに来てください。笑

 

理由を書く

 

何かを説明した後には、必ず「理由」を書くようにしましょう。
なぜなら、(←これです)理由を書けば文章により説得力が増して、読者に理解してもらいやすくなるから。

 

例えば、(←多くの情報を与えています)

 

「私はアフィリエイトをやっています。」

 

「私はアフィリエイトをやっています。

なぜなら労働収入だけではなく、複数の収入源が欲しかったからです。」

 

どちらも「アフィリエイトをやっている」という文章ですが、どちらがより読者に対して説得力があるかと言えば、やはり理由が書いてある後者のほうですよね。

 

この理由の部分は、ブログ主の思いや個性が出る所でもあるので、ブログ記事を書いていく上でとても大事です。

 

アフィリエイトで言えば、例えばあなたが商材をブログで紹介したとして、

「なぜその商材を紹介するのか?」

という理由をしっかり書いていく事が重要。

 

「とてもいい商材」なら、どの部分がどういいのか?
という理由が必要になります。

 

このようにこの「理由」も、文章の説得力や読者の理解に影響するのでしっかりと書いていきましょう。

 

自信を感じさせる文章

 

これは少し「ブランディング」に関係する部分になります。
まずこの2つの文章を読んでください。

 

「どうも~アフィリエイト初心者です。

まだ全然実績も自信もないですけど、これからあなたにアフィリエイトについて説明していきたいと思ってます。笑」

 

「これからあなたに、私が今まで培ってきたアフィリエイトの全てを伝えていきます。」

 

これ仮に、どちらもアフィリエイト初心者で「同期」だとしたら、読者はどちらについていきたくなるのか?という事です。どちらも嘘は言ってないんですよね。

 

ただ、どちらがより自信を感じさせる文章なのかという事。

 

なぜ自信を感じさせる必要があるのか?
それはそれを読んでいる読者に対して、文章の説得力、理解度が違ってくるからです。

 

これに関しては、スピリチュアル系の教祖様的な人のブログを読むとわかりやすいです。

「あなたは使命は~なのです!」

と言い切っている文章を書いています。

 

逆に、

「あなたは使命は~だと思います、、」

だと自信があまり感じられず、なんか弱いですよね?

 

少し例えがよくないですが、(笑)このように文章の書き方一つで、読者には「自信」が伝わります。

 

あまりやりすぎると、どこかの教祖様のようにヤバい感じになってしまいますが、「自信を感じさせる」というのはコピーを書く上で大事です。

 

3つの壁についてのまとめ

 

今回は少し長い記事になってしまいましたが、ちゃんとついてきてくれてますか?笑

 

まず3つの壁の話。

  • 興味(関心)の壁
  • 信用(共感)の壁
  • 行動の壁

そして、信用を得るには共感が必要で、共感を得るには4つのポイント

  1. 何回も説明する
  2. 情報を多く与える
  3. 理由を書く
  4. 自信を感じさせる文章

今回は以上を説明しました。

 

次回はアフィリエイトをやっていく上で「差別化」に繋がる部分、「ブランディング」について説明します。
アフィリエイトにおけるブランディングとは?

 

 

トップページ