僕のおすすめな有料無料ホームページとそれぞれにあるメリットデメリット

ホームページの媒体選びについて

 

ノリです。

前回はホームページ集客における「導線」の重要性について説明しました。

ノリおすすめ無料集客サイトを活用してホームページの集客効果を上げよう

 

今回はホームページの媒体選びにおいての「有料無料の違い」と、それぞれにある「メリットデメリット」について説明します。

 

ホームページと一言でいってもいろいろな種類があって、有料無料にもそれぞれにメリットデメリットがあります。

 

この部分は調べ出すと本当にキリがないぐらい数があるので、今回紹介するのはあくまでも僕が知っている一部分の話です。

 

当たり前ですがここでの情報が全てではないので、あくまでもホームページの媒体選択の参考になればいいなと思います。

(´_ゝ`)ふーん

 

ではまず無料のホームページのメリット、デメリットいってみましょう。

 

無料のホームページのメリット

なんといってもまず無料なところです。文字のまんまですよね。笑

 

初期費用がかかりません。

 

あと初心者でも操作が簡単で、比較的ホームページが作りやすいトコかなと思います。

(でもサイトによっては初心者には難しいトコもあります。)

 

そしてドメイン(ネット上の住所みたいなもの)が共用なので、初期頃のSEO(ネット上の検索順位)が、同時期の独自ドメインに比べて若干強いかな?というところです。

 

あ、今は意味わかんなくても大丈夫です。だいたいのイメージが伝わればここではオッケーです。^^

 

無料ホームページのデメリット

では次に無料ホームページのデメリットは、資産価値が低いです。

 

僕はホームページって資産って言ってるんですが、これ不動産に例えると無料ってようはどこまでいっても借家なんです。

 

例えばアメブロをホームページ代わりに5年間使っていて、突然アメーバ側から何らかのペナルティーがあると言われて、消される可能性もあります。

 

これは借家で言えば突然大家さんに、

「あんた今すぐ出てって!」

と理不尽に言われるカンジですね。笑

 

最終的な権限は常にサイト側にあるので、無料だったのにいつ有料にされても文句が言えません。

 

ここで何が一番もったいないのかと言えば、時間です。

 

さっきの例で言えば、5年間で育ててきたドメインが無駄になることなんですね。

 

ドメインとはインターネット上の住所のようなものですが、ドメインには今までの来訪者や滞在時間など、様々な経験値が蓄積されていきます。

 

せっかく育てたドメインちゃんが無駄になる可能性があるって、

「ドラクエの冒険の書の記録が突然消える」

ぐらいリスキーな話です。

 

とはいえ、よほどサイト側に突然削除されるって事はないとは思うんですが、可能性が「0」ではないんですね。

 

あと、サイト側の広告が勝手に入る場合があります。

 

これが結構なデメリットで、ホームページって「お店の看板」なので、広告が入っているのを見るとなんかイメージ的に安っぽくなります。

 

僕なんかそういう広告見ると、

「なんかケチっとるな~」

と感じてしまいます。

まあ、あくまで個人的な感想ですが。笑

 

もう一つは僕が過去に無料のやつ使ってた時に思ったのが、

「うわ、、遅っ」

と無料のホームページって作成してる時に、日や時間帯によってPCの動作が鈍くなる時がありました。

 

サーバーを登録者が共用で使ってるので、なんか遅くてイライラしました。これはボクシングのボディーブローのように効いてきます。

 

無料にはそれだけの理由があるって事ですね。

 

ちなみに無料のホームページは検索してもらえばわかりますが、けっこうたくさんあります。

 

その中でも僕が過去に実際に使ってみて、よかった無料ホームページは大手のKDDIが運営する「JINDO」です。


ありえないほど簡単にホームページができる【Jimdo】

無料系ホームページは他にもたくさんありますが、ここではあくまでも一例として紹介しました。

 

有料ホームページのメリットデメリットとは?

では次に、「有料ホームページのデメリット」いってみましょう。

 

まあそのままで、無料の逆でお金がかかります。

 

プロのホームページ業者に頼むと、作成だけで数万~数十万円という初期費用がかかる事もあります。

 

有名どこのホームページビルダーなどで自分で作る場合も数万円のツール代がかかるし、さっき紹介したJIMDOでも有料プランというのがあって、年間費用が1万円~かかります。

(ちなみにホームページビルダーの場合は更新制で、1年毎に更新料がかかります。)

 

月額5千円~というホームページ業者もありますが、初期費用があまりかからない分導入しやすい分、毎月お金がかかるのでトータルで考えると費用がかかります。

 

そして最後に「有料ホームページのメリット」ですが、なんといっても資産価値が高いです。

 

さっきの不動産の話でいえば、無料の借家に対して有料は持ち家ですね。

 

自分のものにする事が可能です。

 

もちろんやり方次第なんですが、少ない費用で大きな集客効果をもたらしてくれるあなただけの資産になります。

 

一応ここで、僕が現在使っているホームページを紹介しておきます。

 

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

 

この「SIRIUS」は販売ページを見てもらうと分かるように、どちらかというとアフィリエイターやネットビジネスをやっている人のためのツールなんですが、僕のようにイチ個人店舗のホームページとしても十分使えるものです。

 

デメリットとしては多少パソコンを使える人でないと、初期設定などが難しいという部分です。

 

とはいえ、僕自身もこのシリウスを購入した頃は完全なパソコン初心者だったんですが、シリウス購入者専用サイトでも初心者にもわかりやすいように親切丁寧に設定の説明をしてくれています。

 

それでもわからない時でも、今の時代その気になればネットで調べればいくらでも情報がでてきます。

 

このシリウスは優良なツールで歴史も長いので、少しググればいくらでも調べることができます。

 

あと一度買ってしまえば、バージョンアップの更新料などは発生しないので長い目で見ると経済的にいいですね。

 

最低限かかる費用は、安いレンタルサーバーを使えばだいたい月で300円~ぐらいです。

(ちなみに「サーバー」というのはインターネット上の「土地」のようなものです。)

 


ロリポップ!

この「ロリポップ」なら安く維持する事ができます。

 

もう少し予算に余裕がある場合は、さらに高性能の「エックスサーバー」もおすすめです。




エックスサーバー

このエックスサーバーはサイト表示の高速化と、自動バックアップ機能もついています。

 

だいたい月1,000円ぐらいです。

 

あとシリウスのようなツールの場合、サーバーとは別に「独自ドメイン」も必要になります。



ムームードメイン

おすすめは僕も使っている「ムームードメイン」です。

 

この独自ドメインというのは、インターネット上の「住所」のようなものです。

 

維持費は年間でだいたい1,300円ぐらいです。

 

この金額を高いと感じるかは人によりますが、この費用は「広告費=投資」という考え方が正しいと思います。

 

「無料はイヤだけど有料もなんか面倒くさそうだな、、」

 

という人には、有料ホームページでシリウスよりは導入の難易度が低い「グーペ」がおすすめです。

 




ホームページ作成サービス「グーペ」

 

このグーペは先ほど出てきたロリポップと同じ会社が運営していて、信頼できるサイトです。

 

グーペはシリウスに比べると設定がかなり簡単にできるので、パソコン初心者の人でも楽に導入する事ができます。

 

維持費も月でだいたい1000円~から運営できるので、新規客の事を考えたら赤字になる事はないと思います。

 

今回説明してきたように無料ホームページ、有料ホームページそれぞれにメリットデメリットがあり、使う人のスキルや考え方によって、「どれが正しい、間違い」という事はないです。

 

なのでそれらを踏まえて、今回の紹介は一例に過ぎませんが、あなたにとっていいホームページの媒体を探して、納得した上で選択してください。

 

というわけで今回は、おすすめのホームページの種類とメリットデメリットについてお話でした。

 

[画像引用元 https://unsplash.com]

コメントは受け付けていません。